原因

若い人に多いのが腰椎椎間板ヘルニアが原因によるもの
です。次いで梨状筋症候群が挙げられます。

この梨状筋は仙骨(骨盤の中央にある骨で背骨の付け根)
から始まり、足の付け根に付いています。

この筋が炎症もしくは過度の緊張状態(現代病とも言える仕
事や運動によるストレス)になると、そのすぐ下を走っている
坐骨神経を圧迫して痛みが発生することが多いようです。

この他に脊柱管狭窄症があります。これは比較的高年齢の
方に多いようですが、腰の骨が老化などで変形し、脊柱管
(神経が通る穴)が狭くなって中の神経を圧迫することによっ
て痛みが発生します。

また、帯状疱疹(一度水痘になると、例え水痘が治癒しても
水痘のウイルスが神経節の中に潜伏している状態が続き、ス
トレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって
再活性化すること)によって坐骨神経痛が起こる事も有りま
す。

その他にも、脊椎腫瘍、骨盤内腫瘍、変形性脊椎症、脊椎
分離症、脊椎すべり症などいくつかの原因があります。

特に腫瘍系からくる坐骨神経痛は特に痛みが強いのが特徴
との事です。

その他、特別な原因がなくても慢性的な筋肉疲労や外的な
圧迫などによる障害も考えられます。安易な自己判断は危
険ですね。

【なお、このサイトに書かれている事は一般論です。必ず
医院、病院等の専門医の診察を受け、指示を仰いでくださ
い。】