妊娠中の坐骨神経痛

妊娠中、特に後期に坐骨神経痛になることがあります。私の家
内も妊娠の後期に腰の痛みを訴えました。

これは一大事。何かあっては大変と、すぐにかかりつけの産婦
人科へ行きました。

先生によると妊娠後期に骨盤が緩んでくるために坐骨神経が圧
迫を受けて坐骨神経痛になる場合があるとのこと。

妊娠中に起こるのは仕方がないので、出来るだけ楽で痛くない
姿勢を心がけるようにとのことでした。

どうしても治療を、となると湿布薬の塗布かビタミンBを摂取する
ことになるそうです。

完全に痛みをとるのではなく、和らげる程度だそうですが。ただ
この時期に皮膚から吸収する湿布薬やビタミン剤の摂取は少し
不安ですが、先生によると胎児への影響はないとのことでした。

そのほかに鍼灸によって痛みを軽くする方法もあるそうです。
いろいろ考えましたが、家内はこの痛みは妊娠中だけのことで
慢性的なものではないし、症状も軽かったので何もせず過ごし
ました。

いくら湿布薬やビタミン剤は大丈夫といわれても不安な人もい
るでしょうね。

でも先生に聞いても医学書を見ても同じ意見なので大丈夫なの
だと思います。

でもやはり主治医の先生にお聞きになって納得することが必要
だと思います。

精神的なことが母体や胎児に大きく影響する時期ですから、不
安を持つことは禁物ですよ。

【なお、このサイトに書かれている事は一般論です。必ず医院、
病院等の専門医の診察を受け、指示を仰いでください。】