治療方法

治療方法としては、薬を使う薬物治療、機器を使う理学治療、注
射によるブロック治療、手術の4つに分類が出来ます。

薬を使う方法としては消炎鎮痛剤や座薬の投与が行われます。

温熱治療で患部を温めます。超音波治療法、ホットパック療法、
遠赤外線療法などがあります。

牽引療法も用いられます。この理学療法は根本的に痛みを取る
ものではなく、痛みの軽減をすると考えたほうがいいのではない
でしょうか。

私の叔父の場合も理学療法では一時的に楽にはなるけれど完
治にはいたらづ、通院も長期にわたり大変だったと言っていまし
た。

注射によるブロック治療は、神経伝導路(道すじ)に局所麻酔剤
を注入し、痛みの伝達を止め(ブロック)痛みを取り、血流を良く
し筋肉の緊張を緩め痛みをなおす治療法です。

ブロック療法にはいろいろな種類があり、硬膜外ブロック、神経
根ブロック、椎間関節ブロックなど腰痛の種類に選択されます。

手術についてですが、腰痛の治療は一般的には前述の薬物治
療、理学療法、ブロック療法などのいわゆる保存療法が中心と
なります。

それでも効果が得られない重症の場合にのみ手術が選択され
ます。

何が何でも手術ではなく、まず経過を見るのが一般的だそうで
す。

たとえば椎間板ヘルニアの場合、時間の経過とともに自然に縮
小したり消失することもようです。

また手術しても十数年後には同等の痛みが再発したり、または
悪化するという話もあるそうで、手術すれば完璧に治るもので
もなく、効果にも限界があるようですね。

また、手術と保存治療の効果の比較でも治療した数年後までは
手術の方が保存療法よりも結果が良いようですが、十数年後に
はほとんど結果に差がなくなるという話もあるそうです。

叔父は友人の紹介などでいろいろな病院を回ったそうです。そ
こで感じたのが先生によっていろいろな考え方があるのだなとい
うことだったそうです。

叔父も一時は手術を考えたそうですが、「どうしても手術しかな
い」という場合は少なく、社会復帰を早くするために手術を行う
場合が多いとのことでした。

ひとつの病院で勧められた治療法に疑問がある場合はセカンド
オピニオンが言われている今ですので、他の病院にも相談する
ともっと他の対処法が見つかるかも知れませんよ。

【なお、このサイトに書かれている事は一般論です。必ず医院、
病院等の専門医の診察を受け、指示を仰いでください。】